「第3回 世界に伝えたい日本のクラフトビール ピルスナー篇」
〜クラフトビールをブームではなくカルチャーにしたい〜

b7089c6076b5bfe66e0d28a646b41dbd 584e0bb003c2a

一般投票にむけて
どうして今回のセカツタテーマがピルスナーなのか?

世界には数多くのビアスタイルがありますが、その中でも圧倒的な醸造シェアを確立しているのが「ピルスナー」というビアスタイルのビールです。多種多様なビール 70%のシェアを誇ると言われています。ビールを飲まない人でも「ビールといったら苦くて、黄金色のもの」とイメージするくらいピルスナースタイルは一般的で、現在のビール造りにおいて基本となるビアスタイルです。そこで、今回JBJAでは「ピルスナー」に焦点を当て、日本から世界に発信していきたいピルスナーは、どのブルワリーのものなのかをビールファンに問う機会を設けることにしました。

27銘柄が決まるまで、、、、

①JBJA事務局にて、ピルスナーを醸造している日本のブルワリー(大手系列を除く)をピックアップ(111銘柄)。
②その銘柄からJBJAホームページに登録しているビアジャーナリストたちで40銘柄を選定。
③各ブルワリーへ一般投票参加の可否を確認。27銘柄がエントリーとなる。
④一般投票で選ばれた8銘柄が本選へ進出。4月のイベントで世界に伝えたいピルスナーを決定する予定。

あなたが世界に伝えたいビールは次のうちどれですか? 1人3票お願い致します。 *

Create your own free online surveys now!
Powered by Polldaddy